大手航空会社の格安航空券を使って快適な旅行をする方法!

- LCCは格安な航空券を入手できるので飛行機移動の強い味方

更新情報

LCCは格安な航空券を入手できるので飛行機移動の強い味方

昨今、LCCなどの参入によって航空会社の値段も大きく見直されては来ましたがやはりまだまだ頻繁に利用するにはチケットの値段は高額と見られますね。

しかも、LCCを使う場合となるとどうしてもJALやANAのような大手の航空会社の飛行機に比べると規模も小さいし、航空便の数自体もやはり少ないので時間帯の不便さや座席の質という部分ではどうしても見劣りしてしまいますね。

機内サービスなどのクオリティも、やはり大手の航空会社に一日の長があり、そちらに慣れている人だとどうしてもLCCを使う気になれないという人も決して少なくはないのではないかと思います。

そんな人のために、どうにか大手の航空会社の航空券を格安で手に入れることができないか、という願いを叶えてくれる物が株主優待券です。
株主優待券は、年に2回持ち株に応じて配当される配当している航空会社の航空券を1枚ごとに片道分半額で利用することができる、という非常に優れた割引効果のある物なのです。

配当回数が多いのと、配当数がそこそこあるので意外と投資家なんかは株主優待券を持て余していたりすることもあるのですね。
そして、それを売りに出していることが多々ありインターネットで航空会社の株主優待券を検索してみるとすぐに出てくるかと思います。

インターネットショッピングや、オークション、金券ショップでも多数取引されている上に、かなり安く手に入れることができる物として今、飛行機のチケットを格安で手に入れるために注目されているひとつの手段となっています。

わたしは飛行機は必ず格安航空券で乗っています。
飛行機代が浮く分別のことに旅行費をまわすことが出来て良いですよ。

実際、この株主優待券は配当者でなくても持ち主であれば誰にでも使うことができる物なので、飛行機利用をしたいけど値段が高くて少し負担が大きいと思っている人にとってはかなり助かる手段となっているのではないでしょうか。

株主優待券はそれ自体では、何の効果もない物ではありますが航空券を購入する時は絶大な力を発揮する物なので、飛行機移動をする値段をできるだけ節約したいという人にとっては非常に重宝するアイテムだと思います。

しかも、航空会社の株主優待券は基本的に出回っている数を考えると余っていることが多いので、売り切れになってどうしても手に入らないというようなことになることも少ないのも魅力の一つと言っていいかと思います。

特に、緊急の用件で飛行機を使わなくてはいけないということになったときは強い味方になってくれるアイテムだと言っていいと思います。

Copyright(C)2015大手航空会社の格安航空券を使って快適な旅行をする方法!All Rights Reserved.